マンション管理士と名乗りたい

築40年越えのマンションの監事をしている会社員がお役に立てるマンション管理士を目指します

宅地建物取引士証交付

昨日3月16日、宅地建物取引士証を手にした。

 

簡易書留で一度15日に配達されたが家に誰もいなくて受け取れなかったので、翌日再配達してもらい妻が受け取った。家に帰ると宅地建物取引士証交付申請の時に提出した、自分で宛名を書いた封筒があり、封を切ると中に宅地建物取引士証が入っていた。

f:id:BLOOK69:20180417114158j:image

宅地建物取引士証は今の運転免許証のようにクレジットカードと同じサイズではなく、昔の運転免許証のように一回り大きくて、バウチッコされているものだった。予想していたけど、今の運転免許証のようだったら良いのに。•••••ちょっと残念。

 

1月30日に申請して予定通り42日後に届いたことになる。登録に35日、宅建士証ができて届くまでが7日ということらしいが、案外早く届くんじゃないかなって思ってだけどそんなことはなかった。

 

宅建士証が届いたからといって現状が変わるわけではないが、届くのを心待ちにしている自分がいて、毎日はあっという間に過ぎて行くけど、交付される日のことを思うと時間の経つのが遅く感じた。振り返ると申請しに行った日が遠く感じる。

 

別に感傷に浸ってるわけではないけど。とにかく、晴れて宅地建物取引士になった。胸を張ってというわけにはいかないけど、なんの資格も持たない人間から資格を持つ人間になったことは間違いのないことである。

 

実際に宅地建物取引士として仕事をすることになるとは、今のところ思わないが、この資格や資格を取得するために学んだことは、マンション管理士として仕事をする上で必ず役に立つだろう。