マンション管理士と名乗りたい

築40年越えのマンションの監事をしている会社員がお役に立てるマンション管理士を目指します

試験勉強の仕方

f:id:BLOOK69:20180602172909j:image

マンション管理士試験に二度落ちている私だけど、管理業務主任者試験と宅地建物取引士試験には一度で合格している。

 

管理業務主任者試験は一昨年2016年2月から勉強を始めてその年の12月に受験して合格💮マンション管理士試験も同時に勉強を始めてその年の11月に受験したが不合格。

 

宅地建物取引士試験は去年2017年2月から勉強を始めてその年の10月に受験して合格💮マンション管理士試験も同時に勉強を始めてその年の11月に二度目の受験をしだが不合格。

 

そして今年2018年11月のマンション管理士試験に向けて勉強中である。マンション管理士試験には落ちているものの、管理業務主任者試験と宅地建物取引士には合格しているのだから学習方法は間違っていないと思うのだけど。どうだろう。

f:id:BLOOK69:20180423164910j:image

その学習方法は、まず通学か通信か独学かを決めなければならない。私の場合、会社勤めなので通学は無理。独学は試験の範囲が広くて隅から隅まで覚えようとしても無理だし、出題傾向の分析とかやってると時間ばかりかかるし、市販のテキストは小さい文字で読みづらい。ということで通信教育にすることにした。

 

通信講座にも色々あるが、私が選んだのは『フォーサイトマンション管理士試験と管理業務主任者試験がダブルで狙えるDVDバリューセット』と『フォーサイトの宅地建物取引士試験DVDバリューセット』だ。ここの教材はテキストがカラフルで文字も大きく見やすい。内容も試験に良く出るところに絞って構成されていて、文章も分かりやすく読みやすい。過去問題集はテーマごと出題年度順に構成されており左ページが問題、右ページが解説と解答になっている。

 

その他、テキストの内容に沿った講義のDVDや『道場破り』というアプリがある。このアプリはDVDと同じ内容をダウンロード(1.5倍速バージョンもある)できたり、一問一答形式の問題があり正誤を30秒以内に解答するものとか、分からないところをメールで問い合わせると試験日の前日までに10回まで無料で返事をしてくれるシステムがある。他にも色々あるが、学習に役に立ったのはこんなところである。

 

これらの教材を使いどのように学習したのか、しているのか。まず朝晩の通勤時間にアプリでダウンロードしたテキストの解説講義を、始めは通常速度で、慣れてきてから1.5倍速で月曜日から土曜日まで毎日聴いた。一年目は『フォーサイトマンション管理士試験と管理業務主任者試験がダブルで狙えるDVDバリューセット』の解説講座、二年目は『フォーサイトの宅地建物取引士試験DVDバリューセット』の解説講座。アプリは試験が終わると使えなくなるので三年目の今は聞いていない。

 

会社員だが営業なので日中は得意先まで電車での移動がある。移動の時間は片道15分程で往復30分。1日4往復から6往復するから2時間から3時間は電車に乗る計算になる。その時間を座れる時はテキストを読むことや過去問を解くことに使っている。座れない時はスマホでアプリの一問一答を解いた。月曜日から土曜日まで週6日毎日。アプリは試験が終わると使えなくなるので、今はやれない。

 

日曜日は学習しない。ただ試験日が近づくと『フォーサイト』から模擬試験が送られて来るので、その時は日曜日に自宅で試験が行われる時間と同じ時間、13時から15時までやった。それ以外は基本的に日曜日に学習はしない。今年もそのベースで学習している。

 

今の学習は電車に乗っている時間に2年前のテキストと問題集を使って、主に過去問を解くことをしている。過去問の問題集は平成13年から平成26年までがテーマごとに綴られて5冊あリ、平成27年の過去問が別に1冊ある。平成28年と平成29年は受験したので問題を持ち帰ってきたからそれを使っている。これらの過去問を何度も解くことで理解を深め、あやふやな知識をなくし、正確な知識を身につければ、必ず合格できる!はずだ。

 

                                       続・試験勉強の仕方につづく

 

f:id:BLOOK69:20180602173001j:image