マンション管理士と名乗りたい

築40年越えのマンションの監事をしている会社員がお役に立てるマンション管理士を目指します

区分所有法(建物の敷地)

建物の敷地は、法定敷地規約敷地がある。

 

f:id:BLOOK69:20180714124327j:image

 

法定敷地は区分所有法第二条に規定されている。

 

(定義)

第二条

5 この法律において「建物の敷地」とは、建物が所在する土地及び第五条第一項の規定により建物の敷地とされた土地をいう。

 

建物が所在する土地が法定敷地。一棟でも数棟でも区分所有建物が物理的に存在する土地であれば、区分所有者の意思などとは関係なく、法定敷地になりる。

 

一方、第五条第一項により建物の敷地とされた土地は規約敷地である。

 

(規約による建物の敷地)
第五条 区分所有者が建物及び建物が所在する土地と一体として管理又は使用をする庭、通路その他の土地は、規約により建物の敷地とすることができる。
2 建物が所在する土地が建物の一部の滅失により建物が所在する土地以外の土地となったときは、その土地は、前項の規定により規約で建物の敷地と定められたものとみなす。建物が所在する土地の一部が分割により建物が所在する土地以外の土地となったときも、同様とする。

 

建物が所在していない土地で、建物及び建物が所在する土地と一体として管理又は使用する庭、通路その他の土地を規約により建物の敷地としたものを規約敷地という。

 

第五条第二項は、みなし規約敷地ついて規定している。

 

みなし規約敷地には、建物の一部滅失によるものと、敷地の分割によるものとがある。

 

建物の一部滅失による、みなし規約敷地とは

法定敷地Aと法定敷地Bがあり、法定敷地Aに建物A、法定敷地Bに建物Bが所在していた場合に、建物Bが滅失して法定敷地Bに建物が存在しなくなったとき、法定敷地Bは規約で建物の敷地と定められたものとみなし、みなし規約敷地となる。

 

敷地の分割による、みなし規約敷地とは

法定敷地の一部が、分割(分筆)によって建物の存在しない土地になった場合、その土地は規約で建物の敷地と定められたものとみなし、みなし規約敷地となる。

 

以上、区分所有法(建物の敷地)をまとめてみました。今年の11月25日に行われるマンション管理士試験に向けて日々学習しています。その学習した知識をブログに書き、知識の確認と定着を試みようとしています。

 

f:id:BLOOK69:20180714123650j:image